◆ - 大災害に備えて
ひいふうみ - お預かりからお引き渡しまで

大災害に備えて


防災保育のしおり(1)~(5)は
 保育中に大地震が起きた場合を想定して作成しています。 

家庭保育室ひいふうみ(以下:保育室)と保護者が協力し
同じ危機管理意識で大災害に備え、保育中の
*お子様の安全
*保護者の安全を優先した上でのスムーズなお引渡し
*大災害が発生しても保育を継続できる体制作り
を目指しています。

保護者と保育室が、それぞれの役割と緊急時の連絡
方法を確認する事で、日々安心してお仕事に向かい、
交通機関の麻痺などでお迎えに向かえない場合にも
[きっと大丈夫]と希望を持っていただけるような
更には、
普段の生活の中で、ごく当たり前に防災への配慮が
され、お子様にとっての防災教育にも繋がるような
家庭保育室を運営していきたいと思います。
            




家庭保育室の弱点と強み

家庭保育室では児童の人数・時間帯によっては私(以下近藤)が1人の時もあり
緊急時に他の大人と連携しづらいという弱点があります。
 
しかし、
自己所有の自宅での保育は、耐震補強工事、室内防災対策等を
自由に迅速に実行できる環境にあり、近藤の[帰宅]が必要無い為、
災害時でも保育に専念できるという安定感があります。
 
 そして、お子様に必要な日常生活の設備が全て揃っている為、
建物に被害がなく、近藤に重大な怪我が無い場合は
公共の避難場所(体育館等)に避難することなく、ひいふうみに
そのまま留まり、宿泊をしながらお子様を保育・保護し、
災害ストレスの少ない環境で保護者のお迎えを待つことが可能です。 

まずは保育室の弱点をしっかりと認識し、
弱点を補うべく防災意識のレベルを上げ、継続することにより
安心で安全な環境作りにつなげていきたいと考えます。
 
*****************************
 
以下の5点について保護者と保育室の意識をあわせて
防災保育に取り組みたいと思いますので
ご理解、ご協力お願いいたします。

取り組み(1)事前対策:建物に被害を出さないこと
取り組み(2)揺れの瞬間:保護者・保育者が怪我をしない事
取り組み(3)揺れの直後:連絡手段を確保すること
取り組み(4)家族が再会できるまで:
       ライフラインが止まった状態でも
       保育が継続出来るように防災備蓄をすること
取り組み(5)放射能対策について


詳しい内容は、次ページからの防災保育のしおりをご覧ください